12月30日 晦日

昨日君津での船舶緊急修理に出た部隊は今日の朝に帰還し、
眠そうな顔で家路につきました。
構内では昨日までに作業船の主機の修理を終え、本日までの内作工事を
終えれば、とりあえず本年の工事は終了するでしょう・・・?
修理会社なので何ともいえませんがね。
今はお客さんに提案する企画のデザイン中です。
今年もいろいろなことがありました。
起きるはずがないことまで起きてしまいました。
船舶業界を取り巻く環境も、今年よりも厳しくなりそうな不安を抱えての越年となりそうです。
それを支える造船所・ドックも一緒です。
体力のない、気力の途切れたところから消えてしまいます。
今年も海運会社の倒産やドックの閉鎖の話がありました。
そんな中でも社内を見れば、今年もメンバーは様々なトラブルに直面しながら、
それを何とかして乗り越えてきました。
来年もこの努力が途切れないよう、いろんな仕事に挑戦していくつもりです。
不安を乗り越える力は、こういった日々の努力の積み重ねでも育つものでしょうから。
別の話ですが、ブログ開設してはや1年。
おかげさまで毎日かなりの方に見ていただいております。
忙しくてあまり更新できていませんが、これからも続けていきたいと思いますので、
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

12月6日 清水

ガット船主機の排気タービン過給機の修理。
30年物のナピア。
起動前のエアランで指圧器弁から冷却水が噴いたそうです。
とりあえず分解します。

CIMG2845.jpg

ジグがそろっているのに感心したのと、ケーシングが新品で存在したことに驚き。

CIMG2847.jpg

出入り口それぞれケーシングが届いていましたので、交換、組み付けて、無事終了。
まだまだがんばれそうです。
よい航海を。