2014年7月 構内ほか

月曜日からMM21日本丸内での配管修理。

DSC_0304.jpg

今日までにすべて終了。
で、並行して消防船から油圧シリンダーの陸揚げ

DSC_0309.jpg

写真外の1本を含め計4本整備に入ります。
さらに今日は、上架中の船用船尾菅支面材の入荷。

DSC_0311.jpg

今までリグナムでしたが、カットレスで作れない寸法だったということで、
今回も木になりました。
いまだにあるんですね、知りませんでした。
と思いつつ、船底弁とストレーナーを分解しながらの
ファンネル改造。
掛け持ちも楽ではありません。

2014年7月 みなとみらい

雑排水ポンプが回らないと連絡があり、電気屋を派遣し
点検すると電磁開閉器のようでした。
2年前の正月明けの日曜日にも同様のトラブルがあり、
その時は秋葉原のガード下に買いに行きその日のうちに直したのですが、
今回は在庫なく、注文。
部品がそろったので訪船。

DSC_0296.jpg

船内点検で電磁開閉器の異常を再確認し、交換。

DSC_0295.jpg

メーカーも接点構成も違うので、少し考えて配線。
ほどなく終了。

2014年7月 みなとみらい

日本丸では月1程度で総帆展帆が、時々満船飾が行われます。
海の日には年1度の登しょう礼のあと、総帆展帆と満船飾が行われ、
にぎやかな船になります。
ちょうど休みが取れたので、様子見に行きました。

DSC_0255.jpg

アッパーゲルンのリフトが大変そうでしたが、海の日らしい光景となりました。

2014年7月 鶴見

配管修理の依頼を受け、現装品に倣い作成して交換の
工事を施工しました。
本船で最初のオーダーで5本、当日追加で1本、僚船でも1本ついでに、
な感じで、2日で7本製作。

DSC_0248.jpg

ちょっと多いよ、と鉄工屋さんからの工事明けのひとこと。

2014年7月 構内

廃棄前のロッカーアーム。

DSC_0242.jpg

上のアームのプッシュロッド側ピンがアームにめり込み、
タペット調整ネジを目いっぱいねじ込んでも調整できませんでした。
下のアームはまだ少し余裕があるのですが、ナットからねじが出ず、
次はないので交換。
30年近いエンジンですと、こういうのもあるのです。

2014年7月 気仙沼

部長と2人、車で7時間の気仙沼へ。
昼には出ようと思ったのが忙しく定時から出発したので、
ホテル着は25:30.
翌朝、駅にものすごく近いホテルだったことに気付く。

DSC_0252.jpg

被災して3年、岸壁は復活しイカ船やトロール、はえ縄船が並んでいましたが、

DSC_0257.jpg

市街地はこれからです。

2012年7月 各地

相談を受けるのは船とは限りません。
今回は倉庫の扉の件。
扉の交換についての相談だったのですが、現場は台風直撃前日の屋上の機械室。
現場写真を撮り損ねました。
採寸と現物の仕様をチェックして撤収。
その後はみなとみらいの日本丸から相談。
以前お世話になった航海士に呼ばれて乗船。

DSC_0266.jpg

スプリンクラーの送水口。
整備したことないのですが、構造についての相談でした。
相談に答えるには知識と場数でカバー、が基本ですが、
頭のHDが回らなくなってきているので、最近苦労してます。

2014年7月 清水

次の入渠船の現地踏査のため、船のいる清水・江尻埠頭へ。
船主の車に乗せてもらいました。

DSC_0269.jpg

富士山は見えませんでした。
江尻埠頭には漁船がおらず、スパッド台船が1隻止まっているだけでした。
すっかり静かな港になってしまいました。
町は清水七夕祭りのさ中ですが、

DSC_0268.jpg

帰りの東名の渋滞を嫌い、調査後はさっさと撤収しました。

2014年7月 京浜運河

作業船の機関換装後の海上試運転に立ち会いました。
波は穏やかで、船酔いは免れました。
スピードもありますが、確実にパワーアップしています。
航走波も安定しています。

DSC_0245.jpg

帰りにはしけと並走していた末広沖で、帰ってきた第二十一豊栄丸とすれ違いました。

DSC_0246.jpg