2014年11月 構内

タンカーの修理中。
主機の冷却清水が抜けるということでした。
クーラーを点検しましたが、目視では異状なかったのですが、
船長の一言で急転。
船体付きの清水膨張タンクに腐食破孔が。

DSC_3405.jpg

板を当てて終了。
見つかってよかったです。

2014年11月 鶴見

停泊用発電機の油に異常とのことで訪船。
点検した結果、シリンダーライナーの水漏れでした。

DSC_3369.jpg

シリンダーライナーのOリング溝が腐食し、ブロックも同様でした。
使用できないので、ブロック交換となりました。
冷却水の管理は徹底して、ライナーのOリングも定期的に取り換えましょう。

2014年11月 川崎ほか

船尾管軸封装置から煙が…という一報で訪船。
プロペラ側を止水し、緊急シール作動させシールを外します。
シールリング

DSC_3293.jpg

リップが焼け、なくなっています。
修理のため修理後離岸し、洋上→接岸と移動をし、こちらも船泊を
しながら調査し、最終的に船尾管端部で大量に発生した貝が
船尾管内の海水を詰まらせたことによるものと判明しました。
こういうことってあるんですね。