2015年5月 構内

川船の船長から電話。
どうやら手ぶり式のエンジンコンプレッサーがターニングできないようです。
現地行ってターニングするがやたら重たい。
コンプレッサーのバルブがカチカチでもこうはならない。
船でばらしている時間がないので、陸揚げして工場へ。

DSC_0009.jpg

週明けから出張なので、原因調査。
なるほど。
シリンダーライナー

CIMG7114.jpg

で、ピストン。

CIMG7113.jpg

錆で回らなくなっていました。水ドレンが多く、さらにオイルポットが壊れていたので
ドライで運転していたようです。
そりゃ駄目でしょう。
早速部品注文して、再来週の修理に備えます。

2015年5月 構内

お客さんから預かった、発電しなくなったヤンマーのパッケージ発電機YDGの修理中。
回路を見ながら点検していたのですが、コイルに異常がないことから
制御系を点検し、最終的にレクチファイヤとAVRの不良と判定しました。
レクチファイアは、内蔵されている2つのダイオードのうち1個が損傷していました。

DSC_0003.jpg

で、交換。

DSC_0001.jpg

小さく緑色の箱がレクチファイア。こんなのが壊れても発電しません。
AVRは抵抗の正常値が出なかったので交換しました。
で、運転。

DSC_0006.jpg

修理完了。
しかしなんだかね、この養生テープは。

2015年5月 構内

船から陸揚げした発電機の点検中。
エンジンはまわるが発電しないのだそう。
コイルに断線がないようなので、運転させるとフィールドコイルにDC電圧がない。
AVRも点検。

CIMG7110.jpg

変な抵抗値を出してきたので、交換。
レクチファイアもダイオードの反応なく交換。
これでDC電圧が復活するか?
今回は電気工事、当然本職ではないので、
細かい回路見ながら、メガネ外しながら、四苦八苦…

2015年5月 大黒

大黒ふ頭に接岸している船から船用品の引き取り。
運送会社に積み込みから下ろしまで一通りご協力いただきました。

DSC_0072.jpg

外船に乗船するのは久しぶりかな。

2015年5月 山中湖

休日に連絡をいただいていたので、訪船。
長年使用している計器盤に少しづつ不具合が出ているようです。
本船は無休なので、営業航海中に点検しました。

DSC_0045.jpg

新緑の向こうの富士山もいいですね。
運行時間と航路が4月から変わったそうで、着桟時間も1分か2分。
今までと変わらないと思っていたので、うっかり下船しそびれて2航海目…
計器が出来上がり次第、再訪船の予定です。

2015年5月 横浜

木曜日に埼玉から戻り、次の仕事。
サンドバケットの引き取りです。
大師で受け取り、そのままの足で金沢区へ。

DSC_0004.jpg

ガットクレーン専門修理業者なので、この手の修理にも慣れています。
この会社は年中忙しいのですが、それでも笑顔で受け取ってくれました。
高齢化の進む船舶修理業界、こういったコミュニケーションがないと
クリアできる工事が少なくなってしまいます。

2015年5月 埼玉

今日から埼玉にて定期点検に応援として参加しています。
通常この点検では自分一人ですが、今回は仕上工1名を追加し、2名での参加です。
明後日までの予定です。
で、昨日からかかっていた清水での工事は終了し、Uターンラッシュのさ中の
高速道路に挑むところ。
次は8月のお盆の修理に合わせ、内作にかかるところです。
ほか、沖修理班が山口まで出張中ぐらいで、
会社的に見れば、今年は静かな連休を送っています。

2015年5月 静岡市清水区

夏の渠中工事に向けての下見のため係船修理中の船へ。
鉄工工事の内作に必要な寸法取りです。
連休中の高速の下りの渋滞にもろにつかまりながら現地着。
監督に会い、いざ現地へ…と思ったのですが、そこにはなぜか船は2隻。
手前の船が下見の船だったのですが、その後ろにいる船に案内され、

DSC_0067.jpg

鉄工工事を依頼されてしまいました。
油圧シリンダーの交換でした。

DSC_0073.jpg

自分は明日から7日まで埼玉へ出張のため、下見に同行した協力会社に修理要請。
全員想定外でした。
段取りのため急いで東名を戻り、協力会社は明日早出で現地入りです。

2015年5月 川崎

ネット張りを終え帰社し、土曜日なので帰ろうかと着替えたところで会社に電話。
とある機械がないかと聞かれたのですが、あいにくなく、閉店10分前の
レンタル機器店に連絡。
無事閉店前に機械と輸送手段を確保し、現場へ集合。
本来この工場は別の技師が担当ですが、緊急なので時間がありません。
単身乗り込みます。

DSC_0051.jpg

工場スタッフの力を借り、担いだり押したりしながら夜にはどうにか設置場所へ。