2015年7月 横浜沖、川崎

機関冷却海水の上りが悪くなった船に訪船のため、通船で向かいます。

DSC_0293.jpg

中の点検です。

DSC_0303.jpg

ヤンマーの40年近い骨董品。
海水直接冷却なので、海水が少ないと機関故障につながる可能性があります。
あちこち点検したのち、潜水士を呼んで、台風一過濁る海の中、船底外板を掃除してもらいました。
翌日、接岸中にインペラと空気冷却器を開放。

CIMG7338.jpg

どちらも異常ないのですが、水の上りが今一つなので、海水の透明度回復を待って
再度潜水士に来てもらうことにしました。

2015年7月 構内

海水ポンプの水の上りが悪いとの連絡により、開放。

DSC_0232.jpg

影で見にくいのですが、インペラがありませんでした。
鋳物製のインペラですので、運転時間が短いポンプでは腐食します。
長いこと動かさないときは、ポンプの中の海水を抜いて、できれば水洗いして乾かしましょう。

2015年7月 構内

雨の土曜日。
構内はブラスト中、外工事2班施工中で、他は何もないはずだったのですが。
昼前、立て続けに修理依頼2本。
1本目、船の排気ファンのモーター交換。

DSC_0205.jpg

2本目、工場機械のシャフトボスの修理。

DSC_0208.jpg

2本目はちょうどいた機械整備課長補佐や別工事で来ていたスタッフに協力依頼して対処し、
1本目は協力会社召集して作業は完了。
休日にもかかわらず作業に従事していただきありがとうございました。